lucie et Pauline のベルギー生活

アクセスカウンタ

zoom RSS Lucie なみだなみだの(?)鎖骨骨折物語〜その2

<<   作成日時 : 2015/03/08 23:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 16


やっと その2ですワン・・・Lucie~~ちょっと間が開きすぎじゃあないですかワン?
今日は一気に終わらせてくださいワンよ〜〜・・・

はい 

画像



つづきです。。。

画像


1月28日
2週間ぶりに病院へ。レントゲン結果を見ると!この2週間で骨がずれて一部飛び出てる さすがに今まで何も診察しなかった先生が初めて触診ーー;して一言
「すぐ手術しなくちゃいけません」。。唖然として声も出ない私をよそに1週間後に予約を入れようとした!

しかも!横で見ていた研修生のお兄ちゃんに向かって
「ほら、みてごらんなさい!ここ触ってみて、、ね。。。この部分が飛び出してきて、しかも右肩が左よりも短くなってしまってるのがわかるでしょう」
なんてモルモットにまでされた気分


ちょっと待ってプレイバック〜今の言葉プレイバックプレイバック
だって、2週間前にまだ完全に骨が付いてないのにベルトを先生がとったからこうなったんじゃないですかで、いきなり手術って
タララ〜 ジャジャジャン
}バカにしないでよ〜そっちのせいよ〜
と心で叫びながら、しどろもどろのフランス語で力の限り訴えたのでした。

・・・だいたい、ドクターの癖に英語が話せないっていうのも変だと思ってたのよねえ・

するとアンポンタン先生は(この時点でアンポンザ先生の呼び名をきっぱりかえたLucie) 先日手術したての患者さんの術後のレントゲン写真を私に”自慢げに”見せ
「こんな感じに手術します!2日入院すればすぐ帰れますよ^^」。。。って・・・

「その日は私一人だし、犬もいるし無理です!」
「犬はいくらでも預かってくれる場所があるでしょ?」とアンポンタン先生。
「とにかく一刻も早く手術しないといけません!」って
患者の心ドクター知らず。である血も涙もないとも言う。。。
酷い。。。
ベルギーで手術&入院? ありえない!ずっと経過良好だったのに。。。なんで!!??

そういえば。。。最初の診察の日、待合室で待っていると、病室に入っていった足を怪我した女性が物凄い剣幕で先生に大声で何か訴え大声で泣き、そして病室を出るときに”Merd!!!=クソッ!”とこれまた大声で捨て台詞を残して帰って行った光景を思い出した。

しかも この日も、一人のマダムが病室から出てきたアンポンタン先生を呼び止めて
「もうあれから1年もたつんですけど。。。。なんたらかんたら。。(ちょっと聞き取れなかったですが^^;)」と
訴えに来てたなあ・・・

。。。などなどが頭を過ぎり。。。


何とかごねてねばって、2月9日に手術の日を延期してもらい 腑に落ちないまま、麻酔をかけるための血液検査の日程なども決め(させられ)不安を胸に帰宅。大嵐で沢山の大きな木が倒れた日だったけれどそんな事にも全くきづかず。。。。そんな日に限って一人の夜。怒りと不安で涙が止まらない。。。でも
泣いてる場合じゃあない!
ベルギーで手術?でもあんな先生に手術されるなんて・・・絶対いやだ!

予想もしなかった展開に動揺を隠しきれず、とにかく誰かに訴えたくて咄嗟に看護婦の友達Yさんにメールで手術する事になったと一言メールを入れたら、普段は忙しくて返信も遅れがちな彼女から10秒もしないうちに電話が

「どういうこと??!!」 と 今まで経過が良かった事を知っている彼女もびっくり!
今までの経緯を説明すると、すぐにアンポンタン先生の事を調べてくれた。
「疑わしい。。。その先生」って。
すると!なんとおおお!アンポンタン先生は「整形外科」の肩書きも何もないただの「外科医」であった事が判明




思い出せばたくさん怪しい事だらけだったのに。。なんで こんな事になる2週間前に気づかなかったんだろう ね〜ポリーヌ・・・トホホ・・
。。なんて 泣いてる場合じゃあないですワン!Lucie~~~!!!!
傷は深いぞ!うっかりしろ!・・ですワン ・・・
ってポリーヌ・・もしかして 傷は浅いぞ!しっかりしろ!の間違え?

画像



「常にセカンドオピニオンは必要よ!という彼女の言葉に励まされる。

そうだ!Never give up!!

リビングの窓から空を見上げながら勇気を出すLucieであった。。。

画像


画像


「あ!!そうだああ1年前に木の根っこを蹴っ飛ばして親指にひびが入った時の先生!」
と思いつき(もっと早く思いつくべきだったんですワンねええ@・@)
夜遅かったが、とにかく電話をしてみた。
私が藁にもすがる思いで訴えたので、とても心配してくれて翌日の夜にアポイントを入れてくれました
とにかく これ以上骨が悪化しないうちに「ちゃんとした先生」に一刻も早く見てもらいたく
必死なLucieでした。



 レオポルドパークの白鳥も羽ばたいて応援してくれました(ってほんと?)
画像






翌日、レオポルドパーク病院(私立)のギリシャ人のケハジオポーロス先生と久しぶりの再会

病院は池の向こう側なんですワンよ^・^
画像



「何がそんなにあなたを悩ませているのですか?」と穏やかな笑顔で聞かれた段階で心底ホ〜〜ッ。この7週間の心のモヤモヤも取れたようだった。
今までの経緯をまたばばばばば〜〜っとお話し(英語も話せる先生でこれまたホッ)
じ〜〜っくり私の話を聞いてくれて、レントゲン写真を見て、そして肩の具合もゆっくり丁寧にチェックしてくれた。
そして一言
「手術なんてする必要ないですよ 

ええええええ〜〜〜

手術は覚悟していたlucie.。信頼できるケハジオポーロス先生ならお任せできるし、レオポルドパーク病院なら入院もいっか。。と思っていたのです。

そしたら 思いもかけない言葉が先生の口から。。まさに”天使の一声”


固定ベルトは2週間前にアンポンタン先生にに捨てられてしまったので新品のベルトををまた着けて(以前は装着の仕方もゆるゆるで酷かった事も判明、今回はギュ〜ッと背筋を伸ばしてしっかり胸を張った状態で装着してくれた)1ヶ月様子を見る事になった。
「この姿勢をキープすればずれてやや重なっている骨もひっぱられて元の位置に戻って、短くなってしまっている肩も元の長さに戻るはず・・・」と言ってもらう。
その後いろいろなアドヴァイスもしてくださり 私の不安をぜ〜んぶとってくれました




さ〜〜姿勢正して自分で矯正ガンバロ〜!自力で骨をできるだけまっすぐに戻そうと前向きなLucieになれました。
画像



以下またツイッターよりピックです

2月21日
昨日、病院を変えて2回目の診察の日だった。経過すこぶる良好〜^▽^ついに先生の口から「どんどん普通にダンスしなさい!」という言葉をもらえた!まだ少しひびが入っているので更に3週間ベルトはつけたままだが、万歳〜〜

壁を右横にして立ち、肘を曲げて指を壁に這わせてできるだけ上に行きそしてまた戻ってくる。。そして肘を脇につけて腕を開いたり閉じたりするエクササイズを習った。リハビリの日々も待ってました^▽^4月半ばのベリーの発表会で右手も上げれるようにがんばろう!!!


診察料60€(後から保険で少しカバーされるが)と今までかかっていた公立病院より高いが、30分じっくりゆっくり話を聞いてくれて診察してくれて沢山のアドヴァイスをしてくれて心のケアーまでしてもらい、信頼できるケハジオポーロス先生に出逢えてほんとに良かった^。^


レオポルドパーククリニックの正面。入り口の横にはとても素敵なカフェがついています。
画像



左の方に行くとレオポルドパークです。遠くにEUの建物が写っていますが。。チョット小さいです
画像



ブリュッセルで一番美味しいフリットスタンドがあるジョルダン広場のすぐ近くです^p^
病院帰りについついフリットを買いそうになる衝動にかられますが、ぐっと我慢!
画像




2月28日
骨折して最初にかかった先生のいる公立病院でリハビリを受けている友達からメールが来た「あなたがかかっていたドクターはやぶ医者で有名な医者だと私のドクターも言ってたわ」
ひええ〜!やっぱり悪名高きお医者だったんだあ!最初に出会ったのはついてなかったけど、危機一髪で先生変えてよかった!


右腕を動かすよう努力が始まると、今度は恐ろしい痛みがまた始まりましたが、これは今まで使っていなかったのだから仕方のない事のようです。でも 先日ベリーダンスの先生EVEからもらった Arnica massage oilのお陰で
大分傷みも緩和されてきました


このオイル 香織も良いですワンねえ^・^
画像



辛い長い冬眠から目覚めて、春の訪れと共に元気に思いっきり踊れる日が来る事を祈りつつ
毎朝大好きなプラタナスおじさんに見守ってもらいながら、前向きに・・・前向きに


画像



痛さの涙、不安の涙、怒りの涙。欝の涙・・・・いろいろ流したけれど でもでも 感謝の涙。感動の涙はそれ以上に流したLucieです


長ったらしいブログを読んでくださり、嬉しいコメントをくださったり、励ましの気持ち玉も沢山いただき本当にありがとうございました

「Luchie(うれし涙)の骨折物語」 ハッピーエンドはもうすぐだああ〜〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
マモンさん、大変でしたね〜!@@
自分の身を守るのは、やはり自分ですよね!
私も、去年、車のドアで指を挟んで、最初に行った病院の女医さんが、何もしてくれずに、ネットで、自分で病院を探して行きました。

名医もいれば、やぶ医者もいます!
自分で、判断しないとね(^_-)-☆

私も、2番目の病院で4針縫って貰って今は、傷もほとんど分からなくなりました^0^
マモンさんも、もう少し頑張って下さいね❤
メチャ
2015/03/09 08:31
ふぅ〜読んだ読んだ(^.^)
中々良くできたブログでした♪
そうよね〜なんで最初に根っこ蹴とばした時の
治療してくれた先生思い出さなかったのかね?
でもお友達に看護師さんが居て良かった(^.^)
とりあえずは順調なんですね。
シバヤン
2015/03/09 16:34
あらあらあら!!大変なことに大変なことが重なってしまいましたね。やはり セカンドオピニオンは、絶対ですね。
あせらず、じっくり、リハビリ続けてくださいね。
マリーママ
2015/03/09 20:21
メチャさん♪
 ありがとうございます。メチャさんも大変な経験されたんですねえ>,< やはり少しでも「疑わしい」と思った時は自分の「直感」を信じるのが、自分を守る早道になるのですね。。
はい!完治への道はまだまだ長そうですが、いろいろ乗り越えてきたのだからキット大丈夫^、^と信じてがんばりま〜〜す!
Lucie et Pauline
2015/03/10 03:06
シバヤンさん♪
 ふ〜〜〜っ。。。頑張って読んで頂きありがとうございます。この1ページを作成するのにほぼ1日かかっちゃいました^^;だからシバヤンさんに褒めてらって嬉しいで〜〜す。
でしょ!そう思った?やっぱり・・・実は固定ベルトをあんぽんたん先生に捨てられてから、めちゃくちゃ痛くなった時ケハジオポーラス先生に連絡しようかな?とちょっと思ったんです。でも・・・実はあの時、レントゲン写真に写った親指のヒビを最初の診察で見落とした。。という事があったので^^;ちょっと躊躇してました。本当に看護師のお友達のお陰です。とりあえず順調だと思われます^^v
Lucie et Pauline
2015/03/10 03:14
マリーママさん♪
 実はこんなドラマがあり、今に到る。。。だったんです^^;記念に(!)ブログに絶対残しておこう。。とずっと心に決めてました^▽^セカンドオピニオンがとても大切だという事も学びました!
リハビリが長くかかりそうですが、気長に前向きにがんばりま〜〜す!
Lucie et Pauline
2015/03/10 03:17
「冬来たりなば、春遠からじ」、「雨降って地固まる」。古人は、言葉のなかに禍福を巧く云い表しています。このたびの一件で、優しさ、健康の大切さ、色々な涙の意味と、多くのことを学んだのではないですか。
同様な言葉に「階段落ち、クラビクラの復活」・・・こういう表現もあります。
HANDSOME DAN
2015/03/11 01:12
HANDSOME DAN ♪
 ブログの中にも書きましたが、たくさんの感謝の涙も流したLucieです。家族の,友達の優しさに深く感謝しました。・・でも もう痛い辛い不便な思いはしたくないなあ〜〜>,<
今年は4月5日がPaque=復活祭の日です。是非ともその日に「Claviculeの復活」祝いを一緒にしたいものです!
Lucie et Pauline
2015/03/11 18:44
改めて読み直しても、「この〜!クソ!藪医者め〜!!」
ですね〜。何度呼んでも腹が立ちます。看護師のお友達が居てよかったです〜!それと何よりマモンさんが、足の指を骨折した時の先生を思い出さなければ、今頃はあの薮医者に酷い目に合わされてる所でした。
今は経過も順調のようで良かった!良かった!
今度のベリーダンス動画が取れたら、見てみたいな〜♪
tachi
2015/03/14 14:56
tachiさん♪  
改めて読み直していただきありがとうございます!  藪医者=あんぽんたん先生にかかっていた7週間〜〜返してぇ〜〜〜@口@という感じもしますが、看護師のお友達がいて本当にラッキーでした^0^ ほんとに。。彼女の一声がなければ、しなくて良い手術をさせられ、傷も残り。。。。なんて考えただけでぞ~~ッとします>,< 経過はまたお知らせしますが、いよいよリハビリの時期に入りました!完治までの道はまだまだ長そうですが、ダンスはお許しがでているので幸せです♪ 動画をお見せできるように一生懸命練習しま〜〜〜〜す^▽^
Lucie et Pauline
2015/03/15 02:59
イヤ〜〜!
涙、涙の闘病記
セカンドオピニオンは大切ですね
winmama
2015/03/15 13:50
winmamaさん♪
 いろんな涙を流した3ヶ月でした。お医者さんを途中で変えるのって失礼にあたるのかな??なんて思っていたのですが、これは「綺麗ごと」ですね!セカンドオピニオン・・ときには3rd 4th オピニオンが必要なんだなあ。。と勉強になりました!
Lucie et Pauline
2015/03/17 06:16
マモンさーん。。。ご無沙汰してしまいました。その間と〜〜〜ても大変な思いをされ、経験をされてお部屋の中が涙の海になって溺れかけていたのですね。。。 そう、セカンドオピニオン、ドロップにも経験があります。やはり手術となると、簡単にはOK出来ませんからね。 良いお知り合いがいた事も幸運でしたね。
とにも、かくにも快方に向かっている事が本当によかったです。 そちらの春はまだ遠いのでしょうか?
早く暖かくなって、お身体が自由になる事を遠い日本から
応援しておりますので、頑張って・・・あ”・・無理はダメですよ。きちんと完治するまでは、ご自分の身体を大切にね(●´ω`●) どうかお大事に。。
スノードロップ
2015/03/21 14:20
スノードロップさん♪
 おひさしぶりですお元気でしたか?そしてこの長ったらしいブログ読んでいただきありがとうございました。
お陰様で先週末 この[ベルト」が取れて、今週から週3回のリハビリが始まりました^▽^ やっとここまでたどり着けて心底ホッとしてますダンスも再開して(右手は上がらないけど)気分は「春」になりました ベルギーはまだまだ真冬の寒さですが・・・^^;
お部屋の涙もからからに乾きましたよ〜〜(笑)
スノードロップさんも経験おありだったんですねえ。。手術と聞いただけで気の弱い怖がりの私は貧血おこしそうでした
しばらくはキネジテラピーの先生の言うことをよ〜く聞いて、しっかりゆっくりと完治へと頑張ります^v^
優しいコメントありがとうございました
Lucie et Pauline
2015/03/21 19:13
Lucieさまー!こんにちは!

ご無沙汰している間に、えらいことが起こっていたんですね。めちゃくちゃびっくりしました。
快復されているようで安心しました。

セカンドオピニオンは、大事ですよね。

3月、わたしも歯医者に出向いたものの、原因不明で不安が膨らんでいたのですが、必死になって原因を探してくれた先生のおかげでなんとか今は大丈夫です。

日本にいた時より、先生選びが大変です。
口コミが一番安心ですね!

ベルギーは、もうすぐ猫祭りでにぎわってるかと思います。
猫祭りに行く予定でしたが、場所変更でスペインに行くことになってしまいました。
ベルギーが近いようで遠いです。
また、ジョルダン広場のフリットを食べたいですわん。
どうかご自愛くださいませ〜〜〜><

もっちょ
2015/05/03 16:36
もっちょさん!!
 わ!以心伝心@@!!!!
 実はもっちょさんのところにコメを入れようとしていたのですよ〜^。^ (以前にもなんどかコメをいれたのですが、きっともしかしたらちゃんとできてなかったかもーー;)

 そうなんですよおお^^:ほんとに予期せぬ出来事がありました。でも20週経った今は、楽しく 100%信頼できるキネの先生の元で 週に2〜3回リハビリを行っていて お陰様で右腕もう〜んと上がるようになったし、ダンスも再開しているし普通の生活に戻っています。。。でもあんぽんたん先生の誤診で結果3ヶ月もギブス状態だったので リハビリも普通の鎖骨骨折よりも時間がかかるみたいです。

もっちょさんも歯が痛かったんですね?でも素晴らしい歯医者さんに出会えて、痛みもなくなったようで良かった^▽^
ほんとほんと!海外での病院選びってほんと大変!口コミって大切ですね。

で!なんでもコメに行こうかと思ったかいうと
猫祭り〜〜行くんですよ^▽^ いよいよ来週の日曜日です。
もっちょさんも行く事になったかなあ?と思い・・
でも、残念!スペインに目的地変更になっちゃったんですね>,<
もっちょさんと猫祭りで「感動のご対面〜」できるかなあ?と
楽しみにしてました。。。(ションボリ)もっと早く連絡すればよかったですねえ・・でも!是非 プラスジョーダンのフリットを食べにまたベルギーにいらしてください!実はたったあそこに買い物に行っていて戻ったところです。
またもっちょさんのブログにもお邪魔してコメントにトライしたいと思っています。

ありがとうございました^▽^
Lucie et Pauline
2015/05/03 18:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
Lucie なみだなみだの(?)鎖骨骨折物語〜その2 lucie et Pauline のベルギー生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる